×
ポイント最大5倍チャンス

フォーマルクライン

  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

  • 買い物カゴを見る
ポイント最大5倍チャンス
買い物カゴを見る
  1. TOP > 
  2. フォーマルクラインカフェ
Formal Klein Cafe Web ver.

夏の「乾燥」対策

うるうる夏肌ケア

ジリジリと肌を焼く紫外線。夏はUVA、UVBともにピークに達します。屋内に逃げこんでも、空調の冷気にさらされ肌はカラカラに。しっかり肌をケアして、夏に負けない肌づくりを目指しましょう。

知っておきたい夏の肌状態

肌内部で砂漠化が進行?

気温の上昇に伴い、皮脂量も増えるので、肌表面はうるおっているように感じられます。これにより保湿ケアがおろそかになりがちで、肌内部※が乾燥する「インナードライ」になっている人が多いのがこの季節。また、紫外線や空調の影響もあり、肌内部(※角質層のこと)はますます乾燥が進んでいるのです。

汗をかくと、水分が減少。

体温調節のために重要な役割を持つ汗。しかし、汗をかくことによって、肌の中(※角質層のこと)の水分は減っていきます。さらに、かいた汗の分泌物が肌に残り、ベタつきの原因となるなど、肌に悪影響も与えます。

付着したままの汗は赤みやかゆみの原因になることも。汗の大部分は水分ですが、塩化ナトリウムや尿素、乳酸などの肌に影響を及ぼす成分も含まれています。汗をかいてそのままにしておくと、体質によっては赤みやかゆみの原因となる場合もあります。

乾燥した肌は刺激を受けやすい。肌の水分が不足していると、表面のバリア機能が低下してしまいます。そのため、紫外線などの外部からの刺激に対して、過敏に反応してしまうことがあります。こうした不安定な状態の肌は、さらに乾燥を引き起こす要因にもなります。

結論!たかが乾燥とあなどるなかれ!丁寧なうるおいケアを心がけましょう。

乾燥してバリア機能が低下した肌は、外部からの刺激に弱くなり、紫外線の影響も受けやすくなっています。しみ、しわ、たるみを引き起こしてしまう前に、日頃からうるおいケアを心がけましょう。

そこで!夏のお手入れ5つのポイント

キャンペーン

バックナンバー

冬のお手入れ
冬の「老け」対策
真冬の「温活」で美肌力アップ
春のお手入れ
冬から春。季節の変わり目のお手入れ
初夏のお手入れ
夏のお手入れ
夏の「乾燥」対策
秋のお手入れ
秋のスペシャル保湿ケア

商品ラインナップ

スキンケアシリーズ
オールインワンジェル
コンセントレートシリーズ
スペシャルケアシリーズ
ボディケアシリーズ
メイクシリーズ
ヘアケア
ヘルスケア
トラベルセット・その他アイテム
トライアル
クチコミランキング
美容オイル
シャンプートリートメント
べっぴんず酵素
7日間集中ケアセット
定期便のご案内
フラバンジェノールとは

お問い合わせ

初めてのお客様 0120-409-409 受付時間9:00〜19:00
2回目以降のご注文・ご相談 0120-409-300 受付時間 平日9:00〜21:00 土日祝9:00〜19:00
メールでのお問い合わせ
▲ ページトップへ